自動車総合サイト


免許の習得形態(2)

運転免許の習得形態の続きです。

 

ぶっつけ本番

 実は自動車免許を習得するためには公安委員会が開催する座学の試験に合格しなければ公道で走れる免許が公布されません。そのため教習所を卒業しても最終試験の座学で落ちて自動車免許を取り損ねてしまう人も沢山います。ココであれ?と思った方もいるはずです。公安で試験をするのになんで自動車学校でも試験をしていたのか?と。基本的に自動車学校が行なう試験は公道に出て問題が無いかと言う実地の試験を行なっているので座学の試験は公安でという形になっているのです。早い話自動車免許習得の人数が多すぎて公安で実地の試験をしたらいつ終わるかわからないから、実地の試験だけ自動車学校に委託したのが本音だと思います。

 なんか自動車免許取るのめんどくさいと思っているそんなアナタに朗報です。実は公安で実地試験と座学試験が受けられるのはご存知ですか?よく巷では「一発」などと比喩されていますがこれは自動車学校に委託されている実地の試験をしなくても公安委員会で試験が受けれ方法です。誤解が無い様に書きますが、公安委員会で実地と座学の試験を受けるため通常自動車学校を卒業して免除されている実地分も公安で試験する事になります。そのため自動車免許習得に時間がかかる上、落ちてしまった場合は座学・実地の2つを受けなお必要が在るからです。そのため1回で両試験を合格すいる事は難しいのですが、ぶっつけ本場で試験を受けるメリットも存在します。それは1回の試験で免許を習得できたらお金が安く済む事です。合理的なのか不合理的なのか判りませんがこの流れから先ほどの「一発」と言う表現が生まれたのではないかと思います。

 ちなみに公安員会に最終試験を受けに行くと実地試験を終了した人間の中から無作為に「公安委員会で実地試験を行なう」人間を選んでいると言う噂は都市伝説なのでしょうか?噂は聞いた事は有りますが実際にドナドナされた方は見た事が無いのでなんとも不思議な話です。実際にドナドナされた方はメールでご一報お待ちしております。

recommend

リゾート挙式
http://www.e-bridal.tv/

Last update:2015/7/17

BUNBUNBARIBARI 2009 [自動車総合サイト] ALL CAR-AND-BAIK TWENTERTEW